まぶたの病気(眼瞼下垂)

眼瞼下垂

主に加齢が原因で瞼(まぶた)が下がり、視力や視野障害を来たす病気です。健膜性眼瞼下垂、上眼瞼退行性皮膚弛緩症、麻痺性眼瞼下垂等に分類されます。
 
当院で手術を行っている対象は上記のうちの“上眼瞼退行性皮膚弛緩症です”。この病気、瞼を持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)にはあまり問題はないのですが、瞼の皮膚がゆるんできて眼に覆いかぶさってきている状態です。当院ではこの症例に対して“上眼瞼リフト”という術式を用いて手術を行っております。詳しくはお問い合わせ下さい。

眼瞼内反症

まぶたが内側(眼球方向に向き、睫毛(まつげ)が眼に当たり痛みや炎症、視力障害を来たす病気です。子供に多いですが、子供の場合は成長と共に軽快する場合が殆どです。
加齢により生ずる下眼瞼内反症に対して当院では積極的に手術を行っています。詳しくはお問い合わせ下さい。

院長の徒然日記
side_inq.png