お子様の眼の病気

お子様の眼の病気

当院では新生児、乳幼児、園児、小学生、発達障害があるお子さん、すべての“子供”に心理的負担を掛けずに診察することをモットーとしております。“泣かさない(なるべく(^^))、診療後には笑顔でハイタッチ!”がお子さんを診るときのモットーです。安心して受診して頂いて大丈夫です。

※写真はこども園で園児を診察する院長(笑)

お子さんの診療で日常よく見かける病気

結膜炎

「アッカンベー」をした時に赤く見える部分を瞼結膜(けんけつまく)と呼び、白目の上に実は存在する透明な膜を球結膜(きゅうけつまく)と呼びます。
結膜炎とはこれらの結膜が炎症を起こした状態です。
原因は色々ありますが、お子さんで多いのは、充血・目やにを伴う細菌性(さいきんせい)結膜炎、感染性のある流行性角結膜炎、アレルギー性結膜炎などです。

細菌性結膜炎は風邪や中耳炎などの炎症に伴うことが多く、起床時にめやにがベットリ付いている!と来院されることが多いです。細菌性は人には伝染しません!適切な目薬の使用はもちろん、まつげやまぶたに付いためやにをよく拭いてあげることが大切です。

流行性角結膜炎は、アデノウイルスの感染が原因で、まぶたの腫れ、結膜の強い充血が出現し、悪化すると角膜も炎症により傷だらけになり痛みを生じます。涙を介して感染しますが、非常に他人への感染力が強いため、園や学校を休ませないといけない病気です(学校保健法で定められています)。朝お子さんの目があやしい?と思われたら朝一で眼科の方にお連れ下さい。
 アレルギー性結膜炎は、3歳くらいから発症することが多いですが、一年中かゆみを訴える場合はアレルゲン(原因物質)を同定することが重要です。お子さんでも簡単に検査できる採血キットを準備しておりますのでお気軽にご相談下さい。
 また、春先に多い“春季カタル”はしっかりした治療が必要です。かゆみだけではなく、写真のように黒目周辺に沿って充血し、異物感や視力障害を引き起こします。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

まぶたの特に鼻側が内側に向き、まつげが角膜にあたり傷や炎症を生じます。角膜に傷がある場合はプールが始まる前までに治療を完了するようにしています。

広島弁で言うところの“めぼ”(笑)→麦粒腫、霰粒腫

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)はまつげ付近にある汗や脂の出口の穴からバイキンが入り感染した状態です。膿の塊ができていたら痛くないように切開して膿を出すと早く治ります。
 霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、まぶたに硬いしこりができ、有痛性・無痛性に腫れる病気です。まぶたの中に詰まった脂の固まりを自分の身体が攻撃するいわゆる異物反応の一種です。治療ですが目薬、軟膏、飲み薬等で辛抱強く炎症を抑える治療に尽きます。数ヶ月かかって治癒することも多く、途中であきらめないことが肝心だと治療する立場からは実感しています。以前はステロイドを注射することもありましたが、現在当院では行っておりません。

視機能の異常

斜視

斜視とは両方の眼が同方向を向かない(片方の視線がずれている状態)で色々なパターンがあります。代表的なものとして2つあげると外斜視(間欠性)は日本人に多く、視力の発達は良好で、立体視もできますので保存的に経過をみます。注意すべきは内斜視です。1歳未満で発症する乳児内斜視は近年は早期手術の対象となっています。また屈折異常のある子供では内斜視発見時に弱視を伴っていることが多く、早期からの眼鏡装用による治療が必要です。”眼が内側に向いているような気がする”とお子さんの眼を見て思われたら、すぐの眼科受診をお勧めします。

弱視

人間は生まれた時はあまり見えていません。成長と共に“視力”が発達してきますが、その過程で見ることを妨げる原因があると、視力の発達が遅れ“弱視”となります。眼球や視神経に異常は無いのですが、眼鏡をかけてもどうやっても視力が出ない状態です。 原因としては、白内障や眼瞼下垂などにより光が網膜まで届かないことによって生ずる形態覚遮断弱視や、赤ちゃんの時から強い遠視や強度の乱視があり(=屈折異常)、小さいときからピンボケで見ている状態で過ごしてきた場合生ずる屈折異常性弱視(前述した内斜視を契機に発見されることもあります)等が挙げられます。視力の発達は小学校低学年くらいでストップしてしまいますので、なるべく早期に発見することが大切です。

治療について
治療ですが、前者では手術により邪魔なものを排除し網膜まで光が届くようにする、後者では目薬を使用して正確な目の度を測った上で、適切な度の眼鏡を常に装用することです。視力の発達に左右差がある場合は、アイパッチというシールを視力が良い方の目に張り、弱視が強い眼の方だけでものを見る訓練をして脳の視覚中枢を刺激して視力の発達を更に促します。

当院では一昨年度よりSVSという機器(小児科の方ではかなり普及しています)を用いて、1m離れた状態からお子さんが怖がることなく目の屈折値(度数)や斜視の有無を測定できるようにしています。1歳前後のお子さんでも屈折異常の有無が判ります。発達障害のあるお子さんでも比較的怖がることなく検査できることが多いです。またお家でアイパッチがちゃんとできない(嫌がる)お子さんや、小学生で初めて弱視が発見されて治療できる時間があまり残っていないお子さんに対してはオクルパッドという訓練機器(ゲーム感覚で2歳前後から訓練可能です)を昨年夏より導入し通院で治療して頂いております。ご興味のある方は電話で院長にお問い合わせ下さい。

近視

近視とは焦点がフィルムである網膜より前にずれた状態です。

近くの物は見えますが遠くは見えません。
近視の眼は眼軸(眼の長さ)が長くなっています。奥行きが長いので奥までピントが合わず手前に合っています。子供は調節力が強く毎回視力検査の結果が変るため、当院では8年前から白内障術前検査で用いる機械で、視力低下疑いで受診した子供達全員の眼軸長を測定してきました。眼が長さと近視の強さは相関します。眼が長い=近視が強い=視力が低いということが、近年学童の場合でも証明されていますので、当院ではお子さんの眼軸も測定した上で現状を説明させて頂いています。治療に関しては、目薬でピントを合わせる筋肉を麻痺させ交感神経優位を誘導し、遠方視調節を促す点眼がありますが、対象は眼軸が短いにも係らず近視となっている場合にさせて頂いてます。軸が伸びていくのを食い止める決定的な治療は無いのが現状です。環境因子(近くを見ることが多い現代人)の関与はよく論じられています。

 原因・治療が確定していない分野だけに、民間療法が入り込み易い分野で私達医師も頭を悩ませています。よく父兄から「ああいうのはどうなんです?」と聞かれますが、「医学的に効果のある治療と証明されているならば、既に我々が行っているはずです」とお答えしています(笑)。

院長の徒然日記
side_inq.png